第53回高血圧関連疾患モデル学会学術総会
HOME
会長挨拶
開催概要
演題募集
プログラム
参加者へのご案内
座長・演者へのご案内
アクセス
リンク
 
プログラム
日程表(PDF)は下記のボタンをクリック頂けるとご覧いただけます。
日程表
 
  シンポジウム1
「高血圧関連疾患モデル動物研究が示す高血圧の成因」
  座長: 並河 徹 (島根大学医学部 病態病理学)
  加藤 規弘 (国立国際医療研究センター研究所遺伝子診断治療開発研究部)
1. ヒト集団における高血圧の遺伝的成因
  竹内 史比古(国立国際医療研究センター研究所遺伝子診断治療開発研究部)
2. 高血圧における神経科学的研究の現在と展望
  和気 秀文 (順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科)
3. 高血圧における腎臓の役割
  西山 成 (香川大学医学部薬理学)
4. レニン・アンジオテンシン系遺伝子改変マウス
  茂木 正樹 (愛媛大学大学院医学系研究科分子心血管生物・薬理学)
  シンポジウム2
 
「現代の高血圧の課題を踏まえたモデル動物研究による新展開」
  座長: 福田 昇 (日本大学医学部腎臓高血圧内分泌内科学)
  西山 成 (香川大学医学部薬理学)
1. 肥満症の病態形成における肝臓からの臓器連関の役割
  山田 哲也 (東北大学大学院医学系研究科糖尿病代謝内科学分野)
2. レニン-アンジオテンシン系モデル動物を用いた老化研究の展開
  山本 浩一 (大阪大学医学研究科老年・腎臓内科学)
3. マウスモデルを活用した妊娠時疾患のメカニズム研究
  石田 純治 (筑波大学生命領域学際研究センター)
4. 脳内炎症の時空間的解析で見えてきた高血圧の本質〜SHRが教えてくれました〜
  岸  拓弥 (九州大学循環器病未来医療研究センター循環器疾患リスク予測共同研究部門)
  日本高血圧学会・高血圧関連疾患モデル学会合同シンポジウム
 
「高血圧のトランスレーショナル研究」
  座長: 向山 政志 (熊本大学大学院生命科学研究部 腎臓内科学)
  岸  拓弥 (九州大学循環器病未来医療研究センター循環器疾患リスク予測共同研究部門)
1. 高血圧ワクチン開発への挑戦
  中神 啓徳 (大阪大学大学院医学系研究科健康発達医学)
2. SHR/Izmの全ゲノムシーケンスでの補体C3構造とゲノム編集技術による
C3ノックアウトSHR/Izmの病態解析
  大月 伯恭 (日本大学医学部腎臓高血圧内分泌内科学)
3. マスイメージングによる腎代謝産物の可視化と皮髄境界アデノシン集積の意義の解析
  宮下 和季 (慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科)
4. 新規降圧薬の開発に向けて-ARNiの可能性-
  向山 政志 (熊本大学大学院生命科学研究部腎臓内科学)
5. 腎デナベーション治療の現状
  岡村 圭祐 (福岡大学筑紫病院 循環器内科)
6. 高血圧性心不全の分子生物学的発症機序
  赤澤  宏 (東京大学大学院医学系研究科循環器内科学)
  一般演題:口述
 
座長: 中神 啓徳 (大阪大学大学院医学系研究科健康発達医学)
  宮下 和季 (慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科)
O-1
新しい線維化マーカーであるgalectin-3(Gal-3)の左室収縮保持型心不全(HFpEF)における役割の基礎ならびに臨床的検討
  山本 英一郎(熊本大学大学院生命科学研究部循環器内科学)
O-2
骨粗鬆を呈するオステオプロテゲリン欠損マウスにおける心臓の形態・機能解析
  鶴田 敏博 (宮崎大学医学部附属病院循環器内科)
O-3
肥満に伴う脂肪炎症におけるマクロファージのリソソーム開口放出制御因子
Myoferlinの機能解明
  野里 陽一 (大阪大学大学院医学系研究科老年・総合内科学)
O-4
ファイバーフォトメトリー法を用いた循環応答に関与する神経回路網の in vivo 解析
  山下 哲 (鹿児島大学医歯学総合研究科統合分子生理学)
O-5
免疫異常に起因する進行性腎障害に対する脱分化脂肪細胞を用いた細胞治療の開発
  宇都宮 慧 (日本大学内科学系腎臓高血圧内分泌内科学分野)
O-6
心房性ナトリウム利尿ペプチドによる血圧調節のメカニズム解析
  徳留 健 (国立循環器病研究センター研究所生化学部)
  一般演題:ポスター
 
【P1 Moderator】大原 浩貴(島根大学医学部病態病理学)
P1-1
間葉系幹細胞から血管平滑筋細胞への分化によるレニン発現に於ける補体C3の関与
  福田 昇
( 日本大学医学部細胞再生移植医学・ 日本大学医学部腎臓高血圧内分泌内科学・
日本大学総合科学研究所)
P1-2
SHRの塩分感受性高血圧は補体C3発現亢進による腎内RA系活性化に基づく
  福田 昇
( 日本大学医学部細胞再生移植医学・ 日本大学医学部腎臓高血圧内分泌内科学・
日本大学総合科学研究所)
P1-3
SHRの間葉系組織での補体C3の髙発現における転写因子TWIST1の関与
  大月 伯恭 (日本大学医学部腎臓高血圧内分泌内科学)
P1-4
脳血管周囲マクロファージは高血圧症の発症・進展に関与する
  彌永 武史 (九州大学大学院医学研究院循環器内科学)
P1-5
ACE2がマウスの加齢性筋機能低下に及ぼす影響のMas受容体依存性に関する検討
  野里 聡子 (大阪大学大学院医学系研究科老年・総合内科学)
P1-6
Possible role of intrarenal chymase in the development of hypertension in
salt-treated angiotensin I-infused hypertensive mice
  西山 成 (香川大学医学部薬理学)
P1-7
SHRSP/Izmが持つ脳卒中感受性遺伝子の探索 ~ダブルコンジェニックラットを用いた解析~
  新谷 薫 (島根大学医学部病態病理学)
P1-8
SHRSPの脳卒中自然発症を促進する遺伝性憎悪因子の探索
  大原 浩貴 (島根大学医学部病態病理学)
【P2 Moderator】和氣 秀文(順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科)
P2-1
骨盤内血流低下による前立腺肥大症の発症機構の解明・前立腺過形成モデル
自然発症高血圧ラットに対するα1受容体遮断薬シロドシンの抑制効果
  清水 翔吾 (高知大学医学部薬理学講座)
P2-2
SHRSP5/Dmcrラットの脂肪細胞を介した非アルコール性脂肪性肝炎と心機能・
血管障害の関連
  熊埼 章太 (岡山大学大学院保健学研究科検査技術科学分野)
P2-3
LOX-1遺伝子ノックアウトラットにおける脳卒中発症の検討
  梁  一強 (国立国際医療研究センター研究所遺伝子診断治療開発研究部)
P2-4
塩分過剰による大動脈解離の増悪にはIL-17が関与する:マウス解離モデルを用いた検討
  西田 憲史 (久留米大学 医学部心臓・血管内科)
P2-5
血圧変動性増大の動物モデルと病態薬理学的解析
  姜  丹鳳 (宮崎大学フロンティア科学実験総合センター生理活性物質探索病態解析分野)
P2-6
フルクトース過剰摂取に伴う血圧上昇とエネルギー代謝障害との関連に関する基礎的検討
  原  宏明 (埼玉医科大学総合医療センター腎・高血圧内科)
P2-7
マーモセットでの腎線維化モデルの確立とヒトTGF-β1に対するPIポリアミドの創薬開発
  森内 正理 (日本大学医学部腎臓高血圧内分泌内科学)
【P3 Moderator】茂木 正樹(愛媛大学大学院分子心血管生物・薬理学)
P3-1
肥満が慢性腎臓病における尿中酸排泄能に及ぼす影響についての検討
  泉 裕一郎 (熊本大学大学院生命科学研究部腎臓内科学)
P3-2
WKY/IzmとSHRSP/Izmの血液脳関門機能比較:In vitro BBBモデルを用いた検討
  中川 慎介 (長崎大学大学院医歯薬学総合・医科薬理)
P3-3
脳梗塞急性期の病態:虚血性ペナンブラの概念
  八尾 博史 (国立病院機構肥前精神医療センター臨床研究部)
P3-4
ヒスタミンは心臓圧負荷による急性期炎症を介して心房線維化および心房細動を惹起する
  福井 暁 (大分大学医学部循環器内科・臨床検査診断学講座)
P3-5
非アルコール性脂肪性肝炎 (NASH) 発症・進展に食事性胆汁酸が与える影響
  北森 一哉 (金城学院大学生活環境学部)
P3-6
ミトコンドリアダイナミクス不均衡は、アンギオテンシIIによる血管障害に対する有効な治療ターゲットとなる
  佐々木 雄一(鹿児島大学大学院心臓血管・高血圧内科学)
P3-7
レニン・アンジオテンシン系protective armの血管石灰化抑制効果
  茂木 正樹 (愛媛大学大学院分子心血管生物・薬理学)
【P4 Moderator】岸 拓弥 九州大学循環器病未来医療研究センター循環器疾患リスク予測共同研究部門)
P4-1
Responses of arterial pressure and sympathetic nerve activity to
high salt intake in adenine-treated CKD rats
 
Ningning Wan 香川大学医学部薬理学)
P4-2
圧負荷心肥大モデルにおいて心臓求心性交感神経活性化を介した延髄弧束核の
BDNF増加が交感神経出力増加に関与する
  柴田 理紗 (九州大学大学院医学研究院循環器内科学)
P4-3
トランスジェニックラットを用いた尿毒症状態における血圧上昇機序の検討
  上野 啓通 (産業医科大学医学部第1生理学・第2内科学)
P4-4
人工的動脈圧反射制御システムは高血圧モデルラットにおいて血圧上昇とその変動を独立かつ自在に抑制できる
  遠山 岳詩 (九州大学大学院医学研究院循環器内科学)
P4-5
糖尿病における起立性低血圧には動脈圧反射の動作点シフトに伴う中枢弓ゲイン低下が関与する—動脈圧反射の開ループ解析による検討—
  鎌田 和宏 (九州大学大学院医学研究院循環器内科学)
P4-6
麻酔下および覚醒ラットにおける扁桃体の循環応答制御―ストレスが高血圧を発症させるしくみの解明に向けて―
  山中 航 (順天堂大学大学院 スポーツ健康科学研究科生理学研究室)
P4-7
連続動脈圧波形の周波数解析による動脈圧反射機能の定量的評価
  萬納寺 洋士(九州大学大学院医学研究院循環器内科学)
P4-8
中枢性循環調節理論に基づく脳を標的とした革新的高血圧治療法開発
  岸  拓弥 (九州大学循環器病未来医療研究センター循環器疾患リスク予測共同研究部門)
【P5 Moderator】山本 浩一(大阪大学医学研究科老年・腎臓内科学)
P5-1
SHR.Cg-Leprcp/NDmcrを用いたJiaotai Pillの降圧作用及び抗肥満作用の検討
  木田 麻友美(武庫川女子大学薬学部)
P5-2
大和トウキ抽出物による脳卒中易発症高血圧ラットの血流、血糖値、脂肪組織への影響
  河上 綾香 (武庫川女子大学薬学部)
P5-3
新規非ステロイド性選択的ミネラロコルチコイド受容体拮抗薬エサキセレノンの
薬効評価:高食塩投与2型糖尿病KKAyマウスにおける降圧・腎保護作用
  Li Lei (香川大学医学部薬理学)
P5-4
Effect of a SGLT2 inhibitor on activity of systemic and intrarenal renin–angiotensin system in subtotally nephrectomized rats
  Li Lei (香川大学医学部薬理学)
P5-5
糖尿病腎症におけるTGF-β1の関与と新規ペプチド医薬PIポリアミドの抑制効果
  堀越 周 (日本大学医学部腎臓高血圧内分泌内科学)
P5-6
Dahl食塩感受性ラットおいて腎糸球体障害を誘導するセリンプロテアーゼについての
検討
  岩田 康伸 (熊本大学大学院生命科学研究部腎臓内科学分野)
P5-7
アルドステロン+食塩負荷ラットにおけるアミロライドの降圧非依存的な腎保護効果の
検討
  中川 輝政 (熊本大学大学院生命科学研究部腎臓内科学分野)
【P6 Moderator】山田 哲也(東北大学大学院医学系研究科糖尿病代謝内科学分野)
P6-1
EGCGは食塩感受性Dahl高血圧ラットにおける心肥大を抑制する
  白木 綾 (佐賀大学医学部内科学講座循環器内科)
P6-2
骨髄特異的低酸素応答因子欠損によりアンジオテンシンⅡ誘発性大動脈瘤が増悪する
  高原 勇介 (国家公務員共済組合浜の町病院)
P6-3
高血圧ラットに対する胃全摘の影響
  橋本 直樹 (近畿大学医学部外科)
P6-4
高血圧自然発症ラット(SHRs)におけるNrf2-Keap1機構の検討
  沖胡 由希子(近畿大学大学院システム工学研究科)
P6-5
コンジェニック・ラット(SHRSPwch1.0)の自発運動の時間生物学的特徴と血圧と
心拍数との関係
  河村 博 (MJG心血管研究所)
P6-6
妊娠高血圧腎症モデルラットは産後食塩感受性を獲得する
  松浦 託 (九州大学大学院医学研究院循環器内科学)
P6-7
妊娠高血圧が及ぼす小児期発達障害や成人期記憶障害の発症メカニズムの解明
  水口 信行 (近畿大学ライフサイエンス研究所)
 
 
【学会事務局】   九州大学大学院医学研究院 循環器内科学
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1 
TEL: 092-642-5360 FAX: 092-642-5374
【運営事務局】   コングレS
〒812-0067 福岡市東区筥松新町1-11
TEL:092-612-5545 FAX:092-612-5530 E-mail:shr53@congre-s.main.jp
Copyrights© The 53rd Annual Meeting of the Society for Hypertension Related Disease Model Research All Rights Reserved.